走る犬

犬のしがない生活絵ブログ&格闘フラメンコ漫画『フラメン道かじり』不定期連載中!

Articles

ベトナムずんどこ旅行9 ノートから



6月のベトナムは真夏。ハノイの気温は最低24.3℃~最高40℃。
ムァッ…という暑さ。

日焼け止めを使っていたのだけど、塗れていない部分はきっちり焼けてしまった。全く日焼け止めを使わなかったら大変な事になっていたと思う。

」な日焼けとなっているが、「変」より「恋」という字の方がすきなので無意識に書いてしまったのだろう。



中部のフエという町での夜。
フォーン川のという大きな川のほとりはベトナムの人たちで賑わっていた。

そんな中、一人よそ者気分で座っていた時に見つけました。

体重と身長を同時に計ってくれて機械の声で読み上げてくれるマシーン。
どうやらそれに加えて「健康アドバイス」もしくは「ローレル指数」的なものも教えてくれるらしく、測定をした人の結果が読み上げられると周囲の人々から笑いが起こったりする。

体重と身長とアドバイスを教えてくれる機械。
それが、単なる事務的な道具としてでなく、愉快なロボットとして受け入れられているように見えた。

人の太ったり痩せたりを恥ずかしがったり羨んだりしないんだろうか。
若い女性も堂々と計測していた。


web拍手 by FC2

ベトナムずんどこ旅行8 ハロン湾



ベトナムに4つある世界遺産の一つ。ハロン湾。
ハノイからバスで3時間。海に緑に包まれた巨大な岩山がたくさんそそり立っている。
これらの岩山を含む湾全体が世界遺産。



フェリーに乗って岩山の一つに近づいていく。
岩山の稜線はどれも複雑な形をしていて、水墨画の世界のような侘び寂びを感じる。

フェリーのデッキから眺めていると、岩山に近づいていくにつれて、島に住む鳥とセミの鳴き声が聞こえてくる。
なんだか、岩と緑でできていて鳥とセミの声で鳴く巨大な物体が迫ってくるような気がして不思議だった。
フェリーが島の湾内に入っていくと、岩と緑と鳴き声にすっぽり包まれる。
風と波の音しかしない海の上から、生命の気配の真っ只中に放りこまれる。

border="0">

この岩の内側は広大な鍾乳洞になっている。天井が高くてずっと上を見ていたら首が痛くなった
鍾乳洞の天井は月のクレーターみたいだった。



悲しいことに、フェリーに乗って天気が良くて、空が青くて、目の前に世界遺産…という環境で
TV番組の「世界遺産」の音楽とナレーションと ”sony presents ” という声が頭の中で繰り返し流れた。
インプリンティング(刷り込み)をひどい形で確認してしまった。

フェリーでコーラを頼んだら10000ドン。
観光地で物が高いのは万国共通。


web拍手 by FC2

ベトナムずんどこ旅行7 バイク

050702_1.jpg
ベトナムで一般的なバイクは70ccで日本人から見ると変な形をしています。
なんだろうこの形?鳥を連想させる。
確かタイでもこんなバイクが走っていました。

フエの町で「モトバイ」というバイクタクシーの運転手に聞いたところによれば、
バイクで一番のブランドはHONDAやSUZUKIなどの日本車

日本車一台の値段で韓国車2台、中国車なら3台買えるらしい。

何が違うのかといえば、日本車は圧倒的に故障しないとのこと。
日本の技術って本当にすごいんだ…と実感。


050702_2jpg
女の人もバイクにガンガン乗っている。
ロングヘアにブーツカット、そしてハイヒールでバイクを乗り回している女性が多く、その姿はとても格好良いものだった。


050702_3jpg
ベトナムの(多分)イケてる若い女性たち。


050702_4jpg
ハノイで見つけたオシャレバイク。
シートが花柄でした。


web拍手 by FC2

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
ブログパーツ